0

スリ・カレシュワーラ:サーダナ

サーダナ

スリ・カレシュワーラがサーダナを行った洞窟
スリ・カレシュワーラがサーダナを行った洞窟

 続く10年間、彼のマスターであるシルディ・ババの導きの下、カレシュワーラは厳しいサーダナ(スピリチュアルなプロセス)を行いました。これらの修行は、彼自身の悟りのためでも超自然的な力を得るためでもありませんでした――それらはすでに過去世で得ており、ただそれをもう一度呼び覚ましているにすぎなかったのです。カレシュワーラは、古代のパームリーフ本に書き記され、聖者たちの間で代々秘密に保たれてきたスピリチュアルな式を、現代のカリ・ユガにおいて世の中にもたらされるべき修行方法として試していたのです。

 カレシュワーラは、両親の期待に添うようにいつも努力し続け、学業を継続し、カレッジでは化学・生物学・植物学を専攻しました。けれどもババが、カレシュワーラの人生に革新をもたらしたのです。ババに出会って以来、カレシュワーラの生活はすっかり変わりました。カレシュワーラは、スピリチュアルな探求を最も優先するようになり、しばしば勉強する代わりにサーダナを行うようになりました。授業にはほとんど出席せず、増え続ける信者の求めに応じ、彼らの問題を解決したり、ヒーリングを施したり、悟りを授けるのに時間の大半を費やしました。

スリセーラムでプージャを行うスリ・カレシュワーラ
スリセーラムでプージャを行うスリ・カレシュワーラ

 ある日、カレシュワーラは自室で深い瞑想状態でいました。そこに、カレシュワーラが勉強しない事を腹に据えかねた父親が、息子を殴り飛ばすつもりで2階に上がっていきました。しかし、カレシュワーラの寝室のドアを開けた父親が目にしたのは、そこに立つ巨大な虎でした。カレシュワーラが、女神ドゥルガーの姿のマザーディバインとやり取りをしていたのです。はからずも父親は、この超自然的な光景を目撃し、マザーディバインの虎のダルシャンを授かる祝福を得ました。けれども、規則正しく規律ある家庭の父親であり世帯主である彼にとって、これは余りにも堪え難い出来事でした。父親は大きく心をかき乱され、息子が進むと決意した進路を容認できず、息子が正気に返って普通の生活に戻ることを期待して、息子を家から追い出しました。ところがカレシュワーラにとって、これは神からの贈り物でした。晴れて自由の身となったのです。

 カレシュワーラは決意を固めてインド中を旅し、数多くのパワフルな聖者たちやパワースポットを訪ねました。サーダナをしている間、みずからが有する神性とスピリチュアルな使命の行く末をはっきりと示す数多くの体験を得ました。そして最終的にサーダナによって、生まれ故郷アーンドラ・プラデーシュ州の小さな村であるペヌコンダに定住するように導かれたのです。

学業の継続と業績の認知

スリカレシュワーラの法学士(LL.B.)修得証明書
スリカレシュワーラの法学士(LL.B.)修得証明書

 カレシュワーラはスピリチュアルなサーダナを何年間も集中して行っていましたが、それでもなお、学業を継続しました。2008年、スリ・カレシュワーラは、ティルパティのスリ・ヴェンカテーシュワラ大学にて法学士 (Degree of LL.B.)を修得しました。

 2007年、カレシュワーラは、インドでの人道的な活動が認められ、補完医学オープン・インターナショナル大学から名誉博士号を授与されました。クアラルンプールでの授賞式において、カレシュワーラ博士の業績を学長が示し、 「奉仕は、人間が成し遂げることのできる最高の役目です。この賞を授与された人々は、人類のために人生を犠牲にして捧げ、世の中においてすばらしいことをしています」と述べました。この賞のこれまでの受賞者には、ネルソン・マンデラや、元パキスタン首相ショーカット・アジーズなどがいます。

 2008年、貧しい人々の福祉のためにカレシュワーラ博士が行ってきたすばらしい社会活動に対し、スリ・クリシュナデーヴァラーヤ大学からスリ・カレシュワーラに博士号が授与されました。

 ――Excerpted and retranslated from kaleshwar.org