0

スリ・カレシュワーラ:ペヌコンダ

ペヌコンダ定住

ペヌコンダ村のハヌマン寺院をアシュラムから見た眺め
ペヌコンダ村のハヌマン寺院をアシュラムから見た眺め

 カレシュワーラのペヌコンダ入村は400年前に予言されていました――当時、ヤガントリ洞窟のひとつの入り口に座したパワフルな聖者ヴィーラブラーメンドラが、驚くべき手書き本を書き残したのです。カーラグナーナというその手書き本には、未来の出来事が詳細に記されており、現在、インドの国宝とみなされています。インド国内外の世界中の出来事と、大勢の個人的な人生の詳細が、正確に予言されているのです。

アシュラムとペヌコンダのパノラマ写真
アシュラムとペヌコンダのパノラマ写真

 その中のひとつにおいて、ある若者の登場が予言されています。 「マザーディバインのエネルギーを魂に持つ若者が石から採れるダイヤモンドのように現れる。彼は、この時代――今世紀の変わり目に、途方もない光と驚くべき知識を世にもたらすためにやって来る。彼のプージャ(祈りの儀式)はマザー、アディシャクティ・パラシャクティに受け入れられ、彼の祈りは彼女に聞き届けられることになる。彼は、途方もない力を備えた愛そのものである。彼のダルシャンを得る(彼の姿を目にする)だけで、その人の一生にとって十分な恩恵が得られるだろう。彼を信じる者は、彼のエネルギーと力を自動的に受け取ることになる。彼は、学びたいと思うすべての魂に、超自然的な力のチャンネルを教え広めることになる。真のジーヴァン・ムクティをもたらすことになる」

 ――Excerpted and retranslated from kaleshwar.org