0

スリ・カレシュワーラ:幼少時代

幼少期のカレシュワーラ

家族と寺院を訪れた7才のカレシュワーラ
家族と寺院を訪れた7才のカレシュワーラ

 1973年1月8日火曜日のちょうど夜明け前に、南インドのアーンドラ・プラデーシュ州にあるカダパ地区のマダヴァラム町区でアヌパティ・カレシュワーラは誕生しました。立派な大学教授である父スバライヤドゥと献身的な主婦である母スッバンマは、カレシュワーラとその兄と3人の姉妹たちをヒンドゥの伝統の下に育て上げました。ほぼすべての点において、彼らは典型的なインドの家族でした――真ん中の子供を除いては。カレシュワーラは最初から明らかに異なっていたのです。

 生後7年間、カレシュワーラは口をきかず、その日の食事として一滴の水しか受け付けないこともよくありました。この特異な行動の理由を数年後に尋ねられると「宇宙エネルギーを吸収していたんだ」とだけ答えたそうです。カレシュワーラの周りでは数々の奇跡が起こりました。たとえば、ある時、就寝中のカレシュワーラを見守る女神サラスワティの姿を、彼の祖父が目撃したこともありました。また別の時に、その祖父は、自らが所有する農場の裏庭の地面でぐっすり昼寝をしているカレシュワーラを、キング・コブラが頸部を広げて守る光景も目撃しています。

 偉大なヒーラーでもあった祖父と孫のカレシュワーラは特別な関係にありました。毎日、カレシュワーラは祖父の足をマッサージしていました。この2人だけの時間に、祖父は、マントラとヤントラ(神聖な図形)についてカレシュワーラにこっそりと教えました。しばしばカレシュワーラは小さな銅板にそれらヤントラを描き、村の病気の子供たちにあげていました。村の子供たちはそれらヤントラの癒しの恩恵を体験しました。

 カレシュワーラは祖父と共に過ごす時をとても楽しんでいました。祖父は、裕福な地主であり、漁師の頭でもありました。時々、カレシュワーラは祖父と漁に出て、網を引く手伝いをしました。けれども、カレシュワーラは魚を不憫に思い、できるときはいつも掛かった魚を逃がしていました。幼少の頃から、万物への並々ならぬ慈悲の心を示していたのです。

 聖者のような祖父はカレシュワーラの特別な運命を知っており、孫の人生において増え続ける神聖な出来事を受け入れていましたが、カレシュワーラの両親は非常に心配しました。スピリチュアルな大志を持つ者の人生――結束の強い家庭生活とは無縁の犠牲と放棄の人生――は両親が彼に望むものではありませんでした。両親は彼が医者か弁護士になって、父親のような地域社会の名士になることを望みました。両親にとって喜ばしいことに、10代前半の思春期のカレシュワーラは両親の夢をすべて叶えていました。学校では優等生で人気者であり、神の探求には何の興味も示しませんでした。家族の心配は杞憂であったかのように思われました。ところがそこに、シルディ・ババが登場したのです。

 ――Excerpted and retranslated from kaleshwar.org