0

スリ・カレシュワーラ:アシュラム

アシュラム訪問

 スリ・カレシュワーラのアシュラムは、南インド、アーンドラ・プラデーシュ州ペヌコンダに位置し、バンガロールからは車で3時間、新ベンガルール国際空港からは車で2時間ほどかかります。1年のうちの大部分において、アシュラムを訪問していただくことが可能です。部屋数が限られているため、アシュラムを訪問したりプログラムに参加するには先方の承認が必要です。旅行準備を始める前にアシュラムにお申し込み・お問い合わせいただき、承認されるのをお待ちください。

 スリ・カレシュワーラのアシュラムHP:https://srikaleshwar.world/en/


アシュラム

(注:2012年3月15日にスリ・カレシュワーラはサマーディに入られました。この記事は2006年~2009年ごろに書かれたものであるため、スリ・カレシュワーラ・ソウル・ユニバーシティの開催状況など、現在の状況とは異なる部分があります)

シバ・サイ・マンディール
シバ・サイ・マンディール

 ペヌコンダは、何千もの聖者たちや神聖な魂たちとの長い歴史を有する神聖なパワースポットです。インド史上で最も強大な王であったクリシュナデーヴァラーヤという聖者でもある王様が在位中にペヌコンダに住み、宮廷を構えていました。デーヴァラーヤ王とお付きの偉大なリシたちが、古代の英知を守護していたのです。

アシュラムのアパート
アシュラムのアパート

 スワミ・カレシュワーラのアシュラムは、この古くからの聖地に位置し、デーヴァラーヤ王宮に隣接し、古代のとりでの壁よりも内側にあります。この古代英知の本拠地が今、スリ・カレシュワーラ・ソウル・ユニバーシティという大学の形になって再び姿を見せています。この大学は、高度なスピリチュアリティのための訓練をする場です。神聖なパワースポットであるアシュラム自体がユニークな〝教室〟となり、そこで古代のリシたちの知識が学ばれ、〝実習〟 ――私たち一人一人が得ることのできる神の奇跡的な創造エネルギーを示す神聖な式に基づき定められた聖なるプロセス――を通して試されます。

瞑想のための寺院ドワルカマイ
瞑想のための寺院ドワルカマイ

 スワミは、カレシュワーラ・ワースツ™に沿ってアシュラムのすべてを建築することにより、この神聖な場所の驚くべき力と自然の美しさを増大させてきました。まさに、このアシュラムはワースツの楽園です――シルディ・ババとジーザスそれぞれの美しい寺院を有する雄大なシバ・サイ・マンディール、より高度なスピリチュアル・チャンネルを開くための神聖なプロセスに用いられる瞑想のための寺院ドワルカマイ、南と南西にそびえるアパート、北東のアシュラム正門のすぐ内側には50フィート(およそ15.2メートル)の噴水を有する広い庭園があり、生徒たちはそこで瞑想したり散歩したりします。これらすべてが、多数の寺院や秘められた瞑想洞窟があるペヌコンダの山のすぐ麓に鎮座しています。

 最初は簡素なわらぶき小屋でしたが、今では壮麗な巡礼施設になりました。ここで提供される高度なスピリチュアルな行法を通じて熟練する人々からの増え続ける需要を満たすために、アシュラムは成長し続けています。スピリチュアリティそのものと同様に、アシュラムも常に成長を続ける創造物なのです。

 1997年以降、世界中から生徒たちが集まり、この神聖なエネルギーを体験し、アシュラムで教えられている古代リシたちの神聖な知識の海に身を浸しています。多くの人々にとって、アシュラムは個人的なパワースポットとなり、ここで神との関係をより深く探求し、本当の自分自身とは何なのか、地球において自分が果たすべきことはいったい何であるのかを学んでいます。スピリチュアリティにおける博士課程にあたるスリ・カレシュワーラ・ソウル・ユニバーシティのカリキュラムは、世の中を癒して助けるのに必要な驚くべきヒーリング能力と悟りのチャンネルを目覚めさせるように設計されています。今この時代において、大きな癒しと奉仕が求められています。スワミは、その要求に応えることが自分の義務であり生徒たちの義務であると述べています。

 ――Excerpted and retranslated from kaleshwar.org