0

神聖な系譜:シルディでのババ

ババのマハーサマーディにあるシルディ・ババの神聖な像
ババのマハーサマーディにあるシルディ・ババの神聖な像
シルディでの早朝のアビシェークに参加するスリ・カレシュワーラの生徒たち
シルディでの早朝のアビシェークに参加するスリ・カレシュワーラの生徒たち

シルディでのババ

 ババは、小さな村シルディを生涯で2度訪れたことが知られています。1度目の訪問では数ヵ月だけしか滞在せず、当時まだ若者だったババは、シルディの町外れにあるイチジクの木の下で、治療のためのハーブを処方しながら暮らしました。そして、2度目の〝訪問〟は50年以上も続きました。

 この2度目の滞在において初めのころ、ババは、数々の奇跡と癒しの力を見せました。 「神人・聖者・神」を意味する「サイ」という名を地元の祭司が初めてババに付けたのは、そのころでした。それ以来、彼は、シルディの「サイ・ババ(尊敬されている聖者)」として知られるようになりました。この間ずっとババは、自然の影響をじかに受ける荒廃したモスクに住んでいました。雨の日も晴れの日も、ほとんどの時間、ババは炉のそばに座り、炎を見つめ、全人類の魂を引き上げるという自分のスピリチュアルな仕事をして過ごしました。この質素な住居はドワルカマイとして知られるようになり、今日では毎年、数百万もの人々が訪れる神聖な寺院となっています。 ババのサマーディ、墓はそこにあります。

ババの約束

 シルディ・ババは見た目には質素な暮らしを送りました。ドワルカマイで日々を過ごし、信者たちの訪問を受け、毎日、物乞いをしに街へ出かけました。生前にババが起こした数百もの奇跡は10冊以上の本に記録されており、中には西洋諸国で現在手に入る本もあります。1918年10月にババが肉体を去って以来、さらに数千もの奇跡が証言されています。世界中で、人々が癒されたり惨事が未然に防止された場所では「頭にスカーフを巻いた老人」が現れ、後にそれがババだと分かったことが幾度となくありました。ババのことをまったく知らない人々が、その現場でババを「見た」ということが何度もあったのです――つまり、後になってババの写真や絵を見せられて初めて、自分を助けてくれたのがババだったと認識したのです。ババは言いました。「あなたが私のほうを見るなら、私もあなたのほうを見ます。あなたが重荷を私に投げるなら、それを引き受けます。助言と助けを求められたなら、ただちに与えます。肉体を去った後も私は、信者たちを助けに来ます」

 ペヌコンダでは、スワミのアシュラムの庭園を臨む美しい寺院シバ・サイ・マンディールの内側から、等身大のシルディ・ババ像が東を向いて座しています。生徒たちは自分のサーダナが進むにつれ、ババがそこに生きて存在し、自分たちのそれぞれのプロセスを手伝ってくれていて、スピリチュアルな熟達の道に沿って導いてくれていることをはっきりと感じるようになります。

 シルディでのババの人生についての詳細は、「ペヌコンダのスリ・サイ・カレシュワーラ・スワミの教え 聖なる神秘のとりで」に収められています。

 ――Excerpted and retranslated from kaleshwar.org